So-net無料ブログ作成
あらすじ ストーリー ブログトップ

私が恋愛できない理由 最終回 30分拡大 あらすじ [あらすじ ストーリー]


私が恋愛できない理由 最終回 あらすじ


藤井恵美(香里菜)は長谷川優(田中圭)と一緒にアメリカに行くことを決意した。
その決断を伝えるために優のもとに向かうと、彼の前には、前田ひかり(倉科カナ)が。
ひかりは、一緒にアメリカに連れて行ってほしいと優に訴えた。
しかし優は川端亮一(KENJI)と結婚して幸せになるのが一番いい、とひかりを諭す。
図らずもそのようすを見てしまった笑みは、自分の気持ちを押し通しても良いのかと苦悩する。

小倉咲(吉高由里子)は、白石美鈴(稲森いずみ)とふたりきりで会っていた。
咲は、拓海(萩原聖人)のことが好きだと美鈴に伝えた。
美鈴は戸惑いながらも、自分も拓海のことが必要で、離れたくないと咲にその心情を吐露する。

半沢直子(大島優子)は、アルバイトをしているビストロの閉店後に、榎本信司(青柳翔)とその息子の圭太(西村亮海)と3人でクリスマスツリーの飾り付けをしていた。
真子は、榎本が優しく圭太に接している様子をほほ笑ましく見守っていた。


小さな幸せを望みながらも、なかなか思うようにいかない恵美、咲、真子。
それでも、少しずつ前に進もうと頑張ってきた3人は、最終的に自分の居場所を見つけ、幸せを手にすることができるのか?





私が恋愛できない理由主題歌 Love Story/安室奈美恵






Love Story/安室奈美恵












nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 9話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]

私が恋愛できない理由 9話 あらすじ ストーリー


藤井恵美(香里菜)は長谷川優(田中圭)からアメリカに一緒に行かないかと誘われる。
優は昔の仲間に誘われ、アメリカで照明の仕事をすることを決心したという。
恵美はあまりにも突然のことに驚き、何も答えられなかった。

小倉咲(吉高由里子)は、一緒に暮らしたいと白石拓海(萩原聖人)に話そうと、いつものバス停で待ち合わせをした。
しかし、拓海は現れなかった。
そのショックを引きずるまいと、いままで勤めていたキャバクラを辞め、新たに出版社でのバイトを始めるべく、面接に向かう咲。
恵美は、そんな咲に、拓海が待ち合わせに来なかったのは拓海の妻・美鈴(稲森いずみ)が過労のため具合が悪くなったからだと聞かされる。
美鈴が体調を崩したのは自分のせいかもしれないと動揺する咲。
恵美も、もう、拓海には会わないほうがいい、とアドバイスする。

半沢真子(大島裕子)はドラッグストアで妊娠検査薬を買ったものの、結果を知るのが怖くて使うことが出来ずにいた。


恵美は、咲と真子に、優からアメリカ行きを誘われたことを打ち明ける。
スターライツの野口進(永井大)から移籍話しを持ちかけられていることもあって悩んでいた恵美に、いま一緒に行かなければ本当に離れてしまう、という咲。
真子も優に、自分の気持ちを伝えてはどうか、と提案する。

ある日、恵美は、拓海に咲の件を切り出す。
恵美は、雨の中、咲が約束の場所でずっと拓海を待っていたことを話し、これ以上彼女を傷つけないでほしい、と頼む。

そんな中、仕事を終えて帰宅した恵美は、真子が妊娠検査薬を手にしていることに気づき...。



私が恋愛できない理由主題歌 Love Story/安室奈美恵






Love Story/安室奈美恵














nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 8話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]


藤井恵美(香里奈)は、社長の白石拓海(萩原聖人)から、大きなライブの仕事のチーフを任せられる。その仕事を共同で行うスターライツとの打ち合わせの席で、恵美は野口進(永井大)と出会う。野口は、以前に恵美と一緒に仕事をした時のことを覚えていて、照明に対する恵美のセンスを褒める。素直にうれしい恵美…。

 長谷川優(田中圭)は、前田ひかり(倉科カナ)との結婚がダメになってしまったことを仲間たちに打ち明ける。田村淳一(勝村政信)や高橋健太(中尾明慶)は、そんな優を励ましたが…。

 一方、拓海とふたりで会っていたことを美鈴(稲森いずみ)に気付かれてしまった小倉咲(吉高由里子)は、それでも拓海への思いを捨て去ることができずにいた。咲は、自分の気持ちに整理をつけるために実家に帰った。しかし、ちょっとしたアクシデントから、キャバクラでアルバイトをしていたことが母親の由美子(根岸季衣)と姉のすみれ(松岡恵望子)にバレてしまう。

 美鈴は、拓海が家を出てしまってからというもの、周囲が心配するほど仕事に没頭していた。それを知った恵美は、咲を止められなかったことを彼女に詫び、拓海が会社に寝泊まりしていることを話す。

 半沢真子(大島優子)は山本正(平岡祐太)との別れで傷ついていた際に立ち寄ったビストロを再び訪れた。そのビストロでアルバイト店員を募集していたからだった。店主の榎本信司(青柳翔)は、根性のある男しか雇わないと突っぱねるが、真子の熱意に折れる。真子は、この店で修業をしながら、調理師免許を取ろうと決意していた。

 恵美は、野口から引き抜き話を持ちかけられたが、ライティングワークスへの恩義や仲間たちのこと…何より優のことが気になり、どうすべきが思い悩んでいた。そんな折、恵美は、優から思いも寄らぬ相談を持ちかけられ…。



私が恋愛できない理由 主題歌Love Story/安室奈美恵











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 7話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]

私が恋愛できない理由 第7話 あらすじ

 藤井恵美(香里奈)は、武居大介(小柳友)が出場していた剣道の試合中、会社で泥酔しているという長谷川優(田中圭)のことが心配になり、会場を飛び出してしまった。恵美のために優勝すると意気込んでいた武居は、そんな恵美の姿に気を取られた隙に、敗れてしまう。
 優に対する恵美の強い思いを改めて感じた武居は、彼女に別れようと提案した。恵美は、そんな武居に何も言うことができなかった。

 一方、小倉咲(吉高由里子)は、白石拓海(萩原聖人)が美鈴(稲森いずみ)の夫だと知ってからも、拓海と会い続けていた。常々「不倫はしない」と言っていた咲だったが、自分でも説明がつかない拓海への想いに、戸惑いを感じていた。

 半沢真子(大島優子)は、言われもないウワサが広まったせいで派遣契約を切られた上、木崎俊哉(中村竜)との仲を執拗に疑っていた山本正(平山祐太)からは別れを告げられる。真子は、得意の料理を作る気になれないほど落ち込んでいた。

 恵美たちライティングワークスの面々は、大きなライブの照明を手がけることになった。今回は、急成長してきたスターライツという照明会社と合同での仕事だという。恵美は、スターライツ側からの指名で、チーフを務めることになった。

 同じころ、真子は偶然立ち寄った小さなレストランで、ある男性と知り合い…。



オリジナルサウンドトラック






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 6話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]

第6話 素直になれたら楽!? 二人きりの夜に…!?

 交際を始めることになった藤井恵美(香里奈)と武居大介(小柳友)は、一緒にスポーツジムに行く。恵美から報告を受けた小倉咲(吉高由里子)と半沢真子(大島優子)は、これで恋愛砂漠から脱出だと冷やかした。だが、恵美自身は、まだ恋愛をしているという実感がなかった。

 長谷川優(田中圭)は、前田ひかり(倉科カナ)の父(佐々木勝彦)から、結婚を許すわけにはいかない、と言われてしまい、ショックを引きずっていた。お見合いの話が進んでいるというひかりを、自分が苦しめているのではないかと悩む優。そんな優のようすをいち早く察したのは恵美だった。優は、何かあったのか、と心配する恵美に、心配は無用だと強がり、武居と幸せになれと返す。そこにやってきた武居は、いつもの調子でふざけあう恵美と優の姿を複雑な心境で見つめていた。

 一方、子どもが欲しいと願う白石美鈴(稲森いずみ)は、レディーズクリニックを訪れる。そこで美鈴は、医師から不妊症の可能性を指摘され、夫である拓海(萩原聖人)の検査を勧められる。咲とバッティングセンターに遊びに行っていた拓海は、帰宅するなり美鈴からその話を聞かされた。拓海は、急な話に困惑しながらも、検査を受けると約束する。

 入院中のひかりの父を見舞った優は、主治医の川端亮一(KEIJI)から声をかけられる。そこで川端は、ひかりのことも、彼女の実家である前田医院のことも、自分に任せてほしい、と優に頼んだ。

 恋人・山本正(平岡祐太)とのセックスが苦痛だった真子は、回数を減らしてほしいと頼んだ。すると山本は、やはり木崎俊哉(中村竜)のことが好きなのだろう、と怒りだし、いままでのことは全部なかったことにしようと言い放つ。

 同じころ、拓海は、咲の店を訪れていた。拓海は、医師から子どもを作れない体だと言われ、大きなショックを受けていた。咲は、そんな拓海を、いつもの港まで連れて行き、一緒に朝焼けを見ようと言って抱きしめた。

 恵美は、武居から、剣道の試合を応援に来てほしい、と誘われる。武居は、優勝メダルを恵美にプレゼントしたいと思っていた。

 試合当日、恵美は武居の妹・美奈子(疋田英美)と出会う。恵美を試合に誘うよう助言したのは美奈子らしい。武居は、恵美にとって一番の存在になろうと張り切っているのだという。照れる恵美。ほどなく試合が始まり、武居は順調に勝ち上がっていた。
 その最中、恵美の携帯電話が鳴った。後輩の高橋健太(中尾明慶)からだった。会社で飲んでいるという優のようすがおかしいのだという。
 武居は、ついに決勝戦まで勝ち進み、まず1本を先取した。が、優のことが心配でたまらなくなった恵美は、試合の途中で会場を飛び出してしまう。

 泥酔していた優は、やってきた恵美に、ひかりと別れたことを告げる。恵美は、諦めないで頑張るべきだ、と言って優を励ましたが…。

 決勝戦で敗れ、準優勝に終わった武居は、恵美が会場に落としていったキーホルダーをライティングワークスまで届けにいく。そこで武居が見たものは、ソファーで寄り添うようにして眠っている恵美と優の姿だった。

 あくる日、出社した真子は、派遣会社のスタッフから、グッドオーダーを辞めるよう指示される。真子が、複数の男性社員と関係を持っている、というウワサが広まっているから、問題が大きくなる前に辞めた方が賢明だ、というのだ。

 武居を訪ねた恵美は、試合の途中で帰ってしまったことを謝った。そんな恵美に、武居は、恵美にとって一番大切な相手は優なのではないか、と言って別れ話を切り出し…。




ドラマで香里奈さんが使用したREGALOのバッグ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 5話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]

第5話 恋愛ニートは卒業!? 二人だけの秘密!?

 藤井恵美(香里奈)が勤務するライティングワークス社では、田村淳一(勝村政信)、高橋健太(中尾明慶)を中心に、バーベキューに行く計画を立てていた。社長の白石拓海(萩原聖人)や妻の美鈴(稲森いずみ)はもちろん、恵美と同居しているという小倉咲(吉高由里子)、半沢真子(大島優子)や、前田ひかり(倉科カナ)たちも呼ぼう、と盛り上がる田村たち。その際、高橋の余計な一言から、恵美は、最近知り合ったばかりの武居大介(小柳友)も呼ばざるを得ない状況になる。

 恵美に好意を寄せている武居は、即答でOKした。咲は、不慣れなアウトドアに難色を示すものの、美鈴の夫に会ってみたいという動機から、バーベキューに参加することにする。一方、真子は、参加する気だったものの、付き合い始めたばかりの山本正(平岡祐太)からデートの誘いがあったため、やむを得ず断念した。

 バーベキューの当日。恵美と咲は、迎えに来た武居の車でキャンプ場へと向かった。恵美たちが到着すると、すでに美鈴たちが準備をしていた。が、田村は妻のフラダンスの発表会があるため、参加できなくなったのだという。
 結婚目前の長谷川優(田中圭)とひかりは、仲良く準備をしていた。その姿を目で追ってしまう恵美。武居は、そんな恵美を釣りに誘った。アウトドアが趣味の武居に手ほどきを受けながら釣りを体験した恵美は、自然と笑顔になる。

 そんな中、拓海が遅れてキャンプ場にやってくる。美鈴の夫が拓海だと知った咲は、驚きを隠せなかった。咲は、ぎこちなく拓海とあいさつを交わしたものの、急用を思い出した、と言って帰ろうとする。その際、咲は、キャバクラで働いていることを明かし、店で使っている名刺を拓海に手渡す。

 同じころ、ジャンケンに負けて買い出しに行くことになった恵美と優は、自分たちが別れた理由をめぐってケンカになってしまう。するとそこに、ひかりから連絡が入る。父親が倒れて、病院に運ばれたのだという。優は、ひかりを病院まで送り届けるため、皆と別れた。幸い、ひかりの父親は大事には至らなかったが…。

 その夜、咲は、店の客で、出版社に勤務しているという新井(神保悟志)と一夜を共にする。

 あくる日、拓海は、咲が働いているキャバクラを訪れた。咲から新井とホテルに行ったことを聞かされた拓海は、もっと自分を大切にすべきだと忠告した。拓海の言葉に反発し、余計なお世話だと返す咲。すると拓海は、新井のもとに歩み寄り、どこの出版社で働いているのかと尋ねた。しらけて帰ろうとした新井は、出版社で働いているというのは嘘だと明かし、咲のことを侮辱した。怒った拓海は、新井を殴りつけた。新井とケンカになった拓海は、逆襲されてしまい、顔にケガを負った。拓海を連れて店を出た咲は、実家のクリーニング店をつぶしたくないという思いからキャバクラで働いていることを拓海に打ち明けると、自分のことを心配してくれている彼に感謝の言葉を伝えた。

 同じころ、真子は、山本とのセックスが苦痛だと恵美に打ち明ける。恵美は、そんな真子に、すぐにはわからないものかもしれないから、少しずつ進んでいくしかないのでは、と助言した。

 別の日、仕事を終えた優は、ひかりの父親(佐々木勝彦)に会うために入院先の病院を訪れる。そこでひかりの父は、医者の婿を迎えて自分の病院を継いでもらいたい、という理由から、ひかりとの結婚は認められない、と優に告げる。

 一方、武居に呼び出された恵美は、交際を申し込まれる。恵美は、突然のことに驚きながらもOKし…。










nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 4話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]

第4話 不器用すぎる私達!? 新しい恋の始め方!?

 藤井恵美(香里奈)と小倉咲(吉高由里子)は、後輩の半沢真子(大島優子)が失恋したことを知る。真子は、憧れの男性だった木崎俊哉(中村竜)が、妹の桃子(剛力彩芽)とホテルに行ったことを知り、大きなショックを受けていた。咲は、失恋の傷をいやす一番の薬は新しい恋だ、と言って真子を励ました。

 あくる日、恵美のもとに、武居大介(小柳友)という男性から連絡が入る。武居は、恵美たちが照明を手がけたハロウィン・イベントに参加していた男で、もう一度恵美に会いたいという思いから、ホテルに電話してライティングワークス社の電話番号を聞き出したらしい。しかし恵美は、武居からの食事の誘いを断る。恵美からその話を聞いた咲は、すぐにメールをするよう助言した。が、恵美が戸惑っていると、彼女の携帯電話を奪い取って勝手に武居にメールを送ってしまう。

 同じころ、真子は、木崎の同僚でもある山本正(平岡祐太)に誘われ、飲みに出かけていた。ふたりが話すようになったきっかけは、真子と同じく、山本も昼は弁当を持参していたことだった。真子が木崎のことを好きだと気づいていた山本は、木崎は女グセが悪からやめたほうがいい、と告げた。

 一方、白石拓海(萩原聖人)は、週末にモデルハウスを見に行こう、と妻の美鈴(稲森いずみ)を誘う。美鈴が子どもを欲しがっていることを知った拓海は、彼女の思いを受け止め、ふたりの将来をきちんと考えようしていた。

 そんな折、恵美は、武居からデートに誘われる。武居の勢いに押されて思わずOKしてしまった恵美は、咲や真子に激励されてデートに出かけた。会話も続かず、ぎこちない雰囲気でデートする恵美と武居。その際、恵美たちは、同じくデート中だった長谷川優(田中圭)と前田ひかり(倉科カナ)に偶然出会ってしまう。恵美と武居は、優たちと一緒に食事をして…。

 木崎から、話したいことがある、という連絡をもらった真子は、山本とのデートをキャンセルして彼と会う。そこで木崎は、真子との間にあったことは桃子に言わないでほしい、と頼んだ。
 泣きながら帰路についた真子は、その途中で山本に出会う。山本は、自分なら真子にこんな思いはさせない、といって彼女を抱きしめ、キスをする。その夜、真子は、山本と結ばれて…。

 咲は、雑貨店で偶然、美鈴に出会った。一緒に飲みに行ったふたりは、恋の話で盛り上がる。
 咲が帰宅すると、家の前に桃子が立っていた。桃子の気持ちを察した咲は、家族の関係は壊してはいけない、とアドバイスした。桃子は、真子のために買ってきたヨーグルトを咲に手渡して、立ち去る。

 朝帰りした真子は、昨夜のことを恵美と咲に報告した。咲は、ヨーグルトが食べたい、と言い出した真子に、昨夜、桃子が来たことを教えた。

 咲は、出版関係に勤めているというキャバクラの客・新井(神保悟志)に、自分で考えた企画書を読んでもらおうとする。「咲ちゃん次第かな?」。新井は、そう言って咲の腰に手を回し…。

 仕事をしていた恵美は、優から、武居と付き合うのか、と尋ねられる。「お前が好きならそれでいいんだけどさ…」。優は、そう恵美に言って…。





美咲ナンバーワン!!DVD-BOX/香里奈

名門・御堂学園高校の教師となった元No.1キャバ嬢・天王寺美咲。問題児ばかりで誰一人登校しない特別クラスの担任になった彼女が、持ち前の熱いハートで生徒と向き合っていく。香里奈主演のNTV系ドラマ。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 3話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]

第3話 恋は臆病!? こわい!? 枯れ女達に大波乱!?

 ハロウィンイベントの打ち合わせで会場のホテルを訪れていた藤井恵美(香里奈)は、同僚の長谷川優(田中圭)と婚約しているはずの前田ひかり(倉科カナ)が、別の男性と見合いをしているところを目撃する。ひかりの見合い相手は、医師の川端亮一(KEIJI)だった。

 半沢真子(大島優子)は、木崎俊哉(中村竜)に手作りのお弁当を渡そうとしたが、「重い」と言われて受け取ってもらえず、落ち込んでいた。 “重い女”を卒業しようと決意した真子は、『軽やかな女になるための10ヵ条』なる特集記事が掲載された雑誌を購入し、今度こそ木崎に好きになってもらおうとする。

 小倉咲(吉高由里子)は、山波出版の採用試験をクリアし、役員面接までこぎつける。咲は、それを白石拓海(萩原聖人)に報告しようと彼の携帯電話に電話した。が、拓海が電話にでなかったため、留守電を残した。そのとき自宅にいた拓海は、妻の美鈴(稲森いずみ)から、子どもがほしいと言われ困惑していた。

 恵美は、優に誘われて、ハロウィンイベントで使う大きなカボチャを探しに行く。ふたりが向かったのは、優の叔父が経営している農園だった。優によれば、最初はひかりと一緒にくる予定だったが、彼女はカゼをひいてしまったのだという。その際、優は、ひかりの父親からあまり良く思われていない、と恵美に告白する。医師であるひかりの父親は、病院を継いでくれる後継者が欲しいらしい。
 恵美と優は、カボチャを積み込んで会社に戻った。するとそこに、ひかりがやってきた。ひかりは、何故両親に会ってくれないのか、何故結婚することを皆に話さないのか、と優を責め立てた。その会話を偶然聞いてしまった恵美は、男らしく皆の前で結婚を発表したら、と言って優を励ます。

 ハロウィンイベント前日、ホテルでは最終ミーティングが行われた。終了後、恵美たちライティングワークスの面々は、ひかりや丸山ルミ(加賀美セイラ)を誘って食事に行く。その席で優は、ひかりと結婚することを皆に報告した。ひかりは、嬉しさのあまり涙ぐんでいた。

 同じころ、真子は、木崎の同僚・山本正(平岡祐太)から、一緒に弁当を食べようと誘われる。真子は、木崎のことを気にしながらも、山本と一緒に昼食をとった。

 咲から電話をもらった拓海は、彼女から半ば強引に誘われ、会う約束をする。咲が拓海を連れて行ったのは卓球場だった。

 その夜、恵美は、美鈴を家に招待する。恵美たちは、カボチャを使った真子の手料理を味わいながら、楽しいひと時を過ごした。ハロウィンイベントには、恵美の発案により、シンデレラのカボチャの馬車を模したディスプレーも準備されていた。恵美たちと恋愛トークになった美鈴は、シンデレラは時計を気にしてばかりいたからかしこまって下を向いていた姉たちを差し置いて王子様と視線を合わせて微笑むことができた、と話し、何もしないで出会いがないと言っているだけではカボチャと一緒だ、と続けた。

 咲は、拓海の車で家まで送ってもらう。ちょうど美鈴も帰るところだったが、そのときにはもう拓海の車は走り去っていた。

 あくる日、イベントの準備をしていた恵美は、ひかりと一緒に昼食をとる。そこで、見合いの件をひかりに切り出す恵美。ひかりは、父親が病院の将来を心配していることもあって、優との結婚を迷っていたことを認めながらも、優が皆の前で結婚宣言をしてくれたことで見合い話を断る決心がついた、と恵美に打ち明ける。

 ハロウィンイベントが始まった。恵美は、仕事の合間にパーティーの会場を訪れた。が、その雰囲気になじめず、会場の隅でため息をつく恵美。すると、恵美と同じように所在なさげにしている男がやってきた。武居大介(小柳友)だった。

 出版社から不採用の通知を受けた咲は、拓海から教えてもらった、夜景がキレイな場所でぼんやりしていた。するとそこに、拓海がやってきた。拓海と夢について話した咲は、いまの夢は嫌なことを忘れられるくらいキレイな朝焼けを見ることだ、と言うと、時々いろいろなことから逃げ出したくなる、と続けた。そんな咲に、逃げてもいいんじゃないか、と返す拓海。咲は、ふいに拓海にキスをした。そこで拓海は、結婚していることを咲に打ち明けた。咲は、驚きを隠しながら、もともとそういうつもりで会っていたわけではないからこれでおしまいだ、と言って、携帯電話に登録してあった拓海の電話番号を消した。そして、「貸して。なかったことにするから」と言って拓海の携帯電話を受け取り、自分の番号も削除し…。

 真子は、妹の桃子(剛力彩芽)から電話をもらう。遅くなったからまた泊めてほしいのだという。桃子から頼まれたヨーグルトを買いに行った真子が家に戻ると、ちょうど家の前にタクシーが止まり、桃子が降りた。だが、その隣には木崎の姿があり…。

 イベントの片づけをしていた恵美は、財布が落ちていることに気づく。それは武居のものだった。恵美は、慌てたようすであたりを探していた武居に、財布を手渡した。そのとき、会場の時計が12時を告げた。恵美は、終電は大丈夫か、と武居に尋ねた。武居は、「俺、シンデレラじゃないんで」と答えると、恵美こそ大丈夫なのか、と返した。恵美は、美鈴の例え話を思い出し、自分もシンデレラじゃないし、どちらかと言えば畑のカボチャだ、と答えた。すると、真面目な顔で、自分はカボチャが好きです、などと言い出す武居。恵美は、思わず吹き出してしまい…。


ドラマに提供された6mm丸玉貝パール18kポストピアス


シンプルでかわいい[ハートたち(複数ハート)]





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 2話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]

第2話 恋は傷つくから嫌!? 枯れ女達の大逆転!?

 藤井恵美(香里奈)は、誕生日の日に元カレでもある同僚の長谷川優(田中圭)から呼び出される。だがそれは、恵美の誕生日を祝うためではなく、前田ひかり(倉科カナ)との結婚を報告するためだった。
 帰宅した恵美は、同居人の小倉咲(吉高由里子)と半沢真子(大島優子)にその経緯をサラッと報告すると、すぐに部屋に入ってしまう。咲たちは、そんな恵美のことを心配していた。

 真子は、木崎俊哉(中村竜)のマンションから逃げ帰ってしまったせいで、彼と目を合わせることができないでいた。避けられていることを感じた木崎も、真子のことを気にしているようだった。

 一方、咲は、ある出版社の二次試験を受ける。白石拓海(萩原聖人)から借りたまま返し忘れてしまったボールペンで試験を受けた咲は、確かな手応えを感じていた。

 ラィテングワークスは、ホテルで開催されるハロウィン・イベントに向けて準備を始めていた。仲間たちと飲んだ後、優と一緒に帰った恵美は、彼が、結婚話をどんどん進めようとしているひかりに対して不満を持っていることを知る。お前には何でも話せる――優は、そう言って恵美に笑顔を見せた。

 別の日、ひかりが、ライティングワークスにホテルのパンフレットを届けにやってくる。元気がないようすだったひかりが気になり、声をかける恵美。ちょうどそこにやってきた優は、拓海から、ハロウィン・イベントの照明プランを恵美と一緒に考えるよう指示された、と大喜びしていた。

 同じころ、仕事を終えて退社しようとしていた真子は、木崎に呼び止められる。何故あからさまに避けるのか、と問われた真子は、「私のこと、好きですか?」と逆に木崎に問い返す。木崎は、戸惑いながらも、友だちから始められたら、と返した。すると真子は、処女は重い、と話していたのは自分のことか、とさらに問いただした。そのとき、同僚から呼ばれた木崎は、傷つけたなら謝るし、何か気に障ったのならもう誘わない、などと言い残してその場から立ち去る。

 その夜、恵美と咲は、真子から木崎の話を聞く。咲は、友情から始まる恋などあり得ない、と断言した。さらに咲は、「余計なことを確認したりしないで、さっさとしちゃえばよかったのに。ホントにバカだね」と言い放つ。そんな咲の言葉に怒った真子は、遊びでしか恋をしない咲よりずっとマシだ、と声を荒げ、部屋に戻ってしまう。

 あくる日、咲は、男友達に呼び出され、彼の家を訪れる。だが、その男が咲を抱こうとしたとき、ふいに「あたしのこと、好き?」「私たちって友だち?」などと立て続けに問いかける咲。男は、その質問に適当に答え、続けようとした。すると咲は、男を押しのけて帰ってしまう。

 真子の会社に、妹の桃子(剛力彩芽)がやってきた。昼食をおごってもらおうと思ったらしい。弁当を持参していた真子は、仕方なく桃子に1000円渡した。そのとき、受付の向こうに、木崎がやってきた。桃子は、真子の態度から、彼女が木崎に恋をしていることを知り…。

 拓海は、イベントのことで妻の美鈴(稲森いずみ)と打ち合わせをしていた。家を建てたい、と考えていた美鈴は、打ち合わせを終えると、再びその話を切り出した。そんな美鈴に、結婚しても自立した生活を送りたいと言ったのは君の方だ、と告げる拓海。それに対して美鈴は、時間が経てば変わることもある、と返すが…。

 美鈴のもとを後にした拓海は、以前出会ったのと同じバス停でリクルートスーツ姿の咲を見かける。車を止め、咲に声をかける拓海。咲がバスを待っていると思い込んだ拓海は、彼女を車に乗せて走り出す。咲は、駅に行く用事はなく、拓海の車に乗るつもりもなかったことを拓海に告げ、どこかに行きたい気分だったから別にいい、と続けた。拓海は、そんな咲に、自分もどこかに行きたい気分だからちょっと付き合ってもらってもいいか、と言って、彼女を夜景のキレイな港まで連れて行く。そこで咲は、拓海から借りたままだったペンを取り出す。が、咲は、それを返す代わりに自分のボールペンを差し出し、代わりにこれをあげるからもう少し貸しておいてほしい、と頼む。
 拓海の車で家まで送ってもらった咲は、わざと拓海の携帯電話に水をこぼし、大丈夫かどうか確認する、といって彼の番号を手に入れていた。

 恵美と優は、照明プランの参考にするため、あるイベントを見に行く。するとそこに、ひかりと丸山ルミ(加賀美セイラ)の姿もあった。ひかりの会社も、このイベントを狙っていたが、負けてしまったらしい。
 やがてステージでは抽選会が始まり、恵美は、昔懐かしいボードゲームをゲットする。するとそのとき、突然会場の照明が落ちるトラブルが。ほどなく照明は復活したが、恵美がゲットしたゲームは騒ぎの際に誰かに踏まれ、箱がつぶれてしまっていた。そこで恵美は、照明トラブルの際、優が真っ先にひかりを守ろうとしていたことを知り…。

 その夜、恵美は、咲、真子と一緒にボードゲームで盛り上がった。

 あくる日、真子は、木崎に手作りの弁当を渡そうとした。しかし木崎は、そういう真子の行為が重い、といって受け取らなかった。

 恵美は、イベント会場のホテルを訪れ、担当者と打ち合わせをする。その際、恵美は、ひかりが、ホテル内の料亭で見合いをしていることに気づき…。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

私が恋愛できない理由 1話 あらすじ ストーリー [あらすじ ストーリー]

恋なんて面倒!? 恋は贅沢!? イタ過ぎる枯れ女達が恋する!?

 藤井恵美(香里奈)は、恋人がいない27歳の独身女性。男性スタッフばかりのイベント照明会社に勤める恵美は、上司の田村淳一(勝村政信)からも完全に男扱いされているものの、あまり物事にこだわらないサバサバした性格で、女性と一緒にいるより男性といる方が気楽、というタイプであったため、気にしていなかった。ゆえに、後輩の高橋健太(中尾明慶)からは、女を捨てている、と言われてしまうこともあった。
 恵美の勤める会社『ライティングワークス』は、イベントやコンサートの照明を手がけていた。社長は白石拓海(萩原聖人)。拓海の妻・美鈴(稲森いずみ)はイベント企画会社のプランナーをしており、『ライティングワークス』の大事なクライアントでもあった。

 恵美と同じ高校で、演劇部の後輩でもある小倉咲(吉高由里子)は、不況のあおりを受け就職活動に失敗したが、クリーニング店を切り盛りする母や姉には、大手出版社に就職したと嘘をついていた。新卒資格を失わないために留年することを選んだ咲は、学費と実家への仕送りを工面するために、手っ取り早く稼げるキャバクラでアルバイトをしていた。明るく華やかで、頭の回転も早い咲は、男性からもてたが、本気で恋をしたことがなかった。

 演劇部の同窓会で再会した恵美と咲は、ひとり暮らしの寂しさから解放される上、部屋のランクを上げても家賃の節約ができる、という理由から、ルームシェアをすることにする。提案者の咲は、ふたりだと揉めたときにマズイからもうひとり誰かを探すという。そこで声をかけたのが、恵美たちの後輩でもある半沢真子(大島優子)だった。裕福な家庭に生まれた真子は、真面目でしっかり者の女性。派遣社員として働いている真子は、現在、派遣先の通販会社社員・木崎俊哉(中村竜)に激しく片思い中でもあった。

 恵美たちは、運よく真子の伯母が住んでいたという一軒家を借りることができる。3人は、「男を泊めたら終わり」「女子会貯金に手を出したら終わり」「恋人ができたら終わり」という3ヵ条を決め、新しい生活を始めた。

 そんな折、アメリカで照明の仕事を勉強していた恵美の同僚・長谷川優(田中圭)が帰国する。実は優は、親友を失いたくない、という理由から、わずか2週間で恵美を振った元彼でもあった。

 そんな折、咲は、恵美や真子のために合コンを企画する。咲のコーディネートもあって見違えるほど美しくなった恵美は、男たちの注目を集めた。だが、すぐに居心地の悪さを覚えた恵美は、咲と真子を残して席を立ってしまう。

 あくる日、仕事を終えた恵美は、優や田村たちと飲みに出かける。その際、客を送って店の外に出てきた咲と鉢合わせしてしまった恵美は、何も言わずにその場から立ち去る。
 同じころ、木崎と食事に出かけた真子は、そのまま彼の部屋に誘われる。しかし真子は、ベッドに入った途端、何故か木崎を押し戻して部屋を出てしまう。

 真子が帰宅すると、リビングには恵美がいた。ほどなく帰ってきた咲は、恵美をにらみ、「笑えばいいじゃん。ずっとバカにしていたんでしょ、私みたいな女のこと?」と絡んだ。事情が分からず戸惑う真子。合コンの一件もあり、気持ちを抑えられなくなった咲は、「自分に自信がある人はいいよね」「恋愛が面倒くさいとカッコつけていても傷つくのが怖いから逃げているだけ」などと恵美に言い放った。最初は何も言い返せずにいた恵美もついにキレ、とうとうつかみ合いのケンカになった。それを止めようとしたが聞き入れてもらえなかった真子は、恵美や咲の方が自分よりまだましだと叫び、思わずバージンであることを告白してしまう。それを聞いた恵美と咲は、ケンカを止め…。

 恵美と咲は、中庭でビールを飲みながら真子の話を聞いた。自分に自信がない、という真子。それは恵美も咲も同じだった。そのとき、恵美の携帯に、優からのメールが届く。恵美の誕生日でもある明日、会って話したいことがあるのだという。それを見た恵美は、もう一度恋をする、と宣言し、優に会って素直な気持ちをぶつけてみる、とふたりに告げる。

 あくる朝、咲は、真子と一緒に恵美を送り出すと、就活に出かけた。が、バスの時間が合わず、焦った咲は、タクシーを止めようとする。と、咲の、目の前に男が飛び出してきて先にそのタクシーを止めた。拓海だった。
 走り去ろうとした際、咲も手を上げていたことに気づいた拓海は、車を止めてもらって彼女に声をかけ、一緒に駅へと向かった。その車内で、咲の携帯電が鳴った。先日、咲が一次面接を受けた出版社からの連絡だった。拓海は、慌てたようすで筆記用具を探す咲に、自分のボールペンを貸してやる。が、駅前でタクシーを降りた咲は、そのボールペンを返しそびれてしまい…。

 出社した真子は、木崎と同僚社員の会話を偶然聞いてしまう。木崎たちは、ナンパ話で盛り上がり、処女は重い、などと話していた。

 恵美は、カフェで優と会っていた。そこで優は、前田ひかり(倉科カナ)と結婚することを恵美に報告する。ひかりは、美鈴の部下で、恵美もよく知っている女性だった…。



『私が恋愛できない理由』 主演 香里奈さん使用モデル


REGALOのバッグ使いやすそうでおしゃれ[ハートたち(複数ハート)]





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
あらすじ ストーリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。